スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンタがやって来た?

今日はサンタがやって来ました。
というか、自分がサンタになったという方が、正しいかもしれません。

やっと車が売れて、本日新しいオーナーさんに引渡しをしました。今までで一番長く乗っていた車なので、まだ実感が全然ありません。いつも自宅前の駐車場にはあった車がなくなっています。

次の方もジムカーナをされるそうなので、私の手から離れたほうが良かったのかもしれませんね。全然活動できていませんでしたから・・・

で、今後の移動手段が自転車になってしまうのですが、余りにも活動範囲が狭くなるので、バイクを購入する予定です。

欲しいのはリッタークラスなのですが、利便性と経済性から250ccクラスにしようかと。リッタークラスには移動の手段としてよりも、”ロマン”を求めてしまうので( ̄▽ ̄;

車を手放すと、法律を勉強すると決心したことを何故だか思い出してしまいます。早いもので、行動を起こしてから1年以上の月日があっという間に流れました。期待と不安が沢山の毎日ですが、目標に対する気持ちは日々大きくなっています。

一喜一憂しないこと。
足元をしっかりと見据えながら目標に向かっていきたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 司法書士
ジャンル : ビジネス

大人気ない

知識が付いてくると、それを人に話したりしたくなります。法律関係は特に知っている人が少ない為、いろいろ話したくなりますし、その気持ちもすごく理解出来ます。

只、あまりにも押し付けがましいと、煙たがられるどころか冷ややかな目で見られてしまいます。

先日通っている予備校で、某講師の方が受講生に対して自身満々に自分の知識をひけらかしていました。しかも相手の知識を確認したうえ・・・(受講生相手に・・・)

話の内容は、解釈の幅がこんな部分にまで及ぶとか、こんな内容のことは常識だよ、という話ばかりで非常にくだらないものでした。

そして、受講生の方がその内容に質問をしたり、よく理解できないと返答とすると、「もういい!!」とおたけびをあげて、急に怒り始めました。

その態度は、「俺の説明がどうして分からないんだ」というもので、もう大人気ないやら、馬鹿馬鹿しいやらで受講生も相手にする気力も失せます。

自分の知識を人に話したいことは、とてもよく分かりますが、”能ある鷹は爪を隠す”べきです。とくに有識者なら本能として理解しているでしょうに・・・

それに受講生が理解できない半分の理由は教える方に責任があると思っています。ここ最近、受講生が減り始めた原因や、講師に対して質問が少ない理由を「もっと考えてみろ!!」と声に出して彼に言いたいです。

あまりこういう話は気持ちよくありませんが、自分にも思い当たる節がない訳ではないため、再認識する意味も込めてブログに残してみます。

やはり、力をコントロールするということは難しいことです。

テーマ : 司法書士
ジャンル : ビジネス

商業登記法スタート

今週から商業登記法が始まりました。いよいよ最後の法典です。”最後”という言葉が、時間の経過を物語ります。

去年の今頃は民法がスタートしたばかりで、よちよち歩きの状態でしたが、1年を経過した今は”最後”の勉強に突入ですからね。時間が経つのは早いものです。

で、肝心の商業登記法ですが、会社法そのものですね。
講師の方にも、「不動産登記法と民法も共通するものが多いけど、会社法と商業登記法はその比じゃない」と言われていましたが、まさにその通りです。

今は、募集株の発行の部分まで進んでいますが、正直”会社法”を勉強しているのか、”商業登記法”を勉強しているのか、区別がつかないときがあります。

設立の部分なんで、そのまんまだし・・・

気持ち的には、2回目の会社法の勉強とおもって取り組んでいます。会社法の理解に関しては、まだまだ浅いレベルであったので自分には非常に助かります。

因みに、会社法アレルギーは大分治癒されてきました。やはり教えてもらうと独学とでは理解の深まり方が全然違いますね。再認識しました。


話は変わりますが、今日は予備校をお休みしました。
久々に発熱しました。夜中に目が覚めて、吐き気がしたので食あたりかな? と思ったのですが、単に風邪をひいただけみたいです(^^;

今は大分気分がよくなっているので、明日は普段通り動けそうです。今日勉強できなかった分を明日挽回です。週末はまとまった時間がとれる貴重な日ですからね。

テーマ : 司法書士
ジャンル : ビジネス

立体的に読む

IT関連の仕事をしていると、物事を立体的に考えたりすることがあります。例えば、多次元の配列・データベース・ネットワーク、これらを扱うときは平面的に考えるよりも3次元で考えた方が理解しやすい場合があります。

何故そんなこをするのかというと、イメージを持たせる為です。頭の中で立体的に、且つ、動的に再現させてイメージを鮮明にし、脳内でシミュレーションを行うのです。

こうすることで、よりリアリティが出てくるので、理解が深まり自己のレベルが向上していくのです。

法律も同じです。どうしても理解ができない部分や難解なところがあることも多いですが、イメージを持つことでより分かりやすく取り込むことが可能です。

平面の文字情報として取り込もうとするから、飲み込めないままになってしまい、結果的に「分からない」ということになるのです。

偉そうなことは言えませんが、法律の1つ1つを理解することは難しくないです。むしろ日本語が分かる人であれば誰でも理解出来ます。

全体の趣旨を把握して、事例に対して応用する力を発揮することが難しいのです。

では、実際にそれを理解する為のポイントとしてどのようなものがあるかと、はやり条文・基本書を読み込む力でしょう。その中でも自分が注目しているのが、接続詞です。

接続詞は平面的な文章を立体的に表現する為の、魔法の言葉です。この魔法の言葉が使えるようになれば飛躍的に力が向上してきます。

試験に通ることだけを考えれば、暗記や演習の繰り返しも効果的ですが、もっと根本的な部分を押さえることが出来れば、より力をつけることが可能だと思っています。

「しかし」と「ただし」の違いは?
「すなわち」と「つまり」の違いは?
「そして」と「むしろ」の違いは?
「だから」の反対は?

こんな遊びにも似たようなことを考えてみるのも、面白と思いますよ。

テーマ : 司法書士
ジャンル : ビジネス

プロフィール

ひろ@右脳人間

  • Author:ひろ@右脳人間
  • 名前:ひろ@右脳人間
    年齢:36
    性別:男

    高専を卒業後にSIerに就職してITエンジニアとして働く右脳型人間が、何を思ったか司法試験にチャレンジ。

    中央大学法学通信教育課程を卒業後、中央大学のロースクール(既修)に入学し,生まれ故郷の高知県高知市で法律事務所を開設しました。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。