スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前期もあと一ヵ月

6月も来週で終わりですね。あっという間に、前期が終わろうとしています。

いやぁ~、ヤバイ、ヤバイ( ̄▽ ̄; 来月は期末試験なのですが、まだまだ準備不足なので・・・
これからの一ヶ月は一番ハードになりそうな予感がします。特に、選択科目や実務系科目は初めて触れる部分が多く、毎回が新しい発見との出会いなので、どうやって乗り切ろうか悩ましいところです。

そうそう、実務系科目といえば民実の小テストがあったのですが、結果はあえなく撃沈(涙)
お笑い要件事実論になってしまった(号泣)。結果はもうどうしようもないので、この失敗を糧に次に繋げるしかないですね。しっかし、分かっているようで分かっていない部分や、知っているようで知らないことが沢山あるのだなと、しみじみ感じます。民法は本当に奥が深いです。

さてさて、過去問の憲法を解きましたが、今回も極めて凡打です(笑)
実は、幾つか気が付いた部分があったのですが、実際には答案構成段階で止めてしまった部分があるんですよね。んん・・・

新司のヒアリングにも書いていましたが、どの人権を主張していくのかをしっかりと見極めることが大事ですね。手当たり次第にアレもコレもと取り上げるのではなく、どうしてこの規制でこの人権が侵害されるのか?という評価を行うことが大事ですね。逆に言えば、この人権はこういう意味で特別問題として取りあえげなくても良いと言い切ることも大切なのだと思います。勿論一刀両断にコレだ!と言い切ることは出来ないですし、限られた時間の中でその判断をするのは勇気がいると思うのですが、しっかりと理由付けが出来ていれば、むしろ評価に繋がるのかもしれません。

あとは百選・ケースブック等をを読むこと。基本書以上に読み込む必要がありますね。しっかりとした答案を書きたいのであれば、これは必須です。民実の小テストも終わったので、今度は憲法に時間を割こうと思います。

今日は所用があったので、久しぶりにローに行かずに自宅で勉強しました。これはこれで新鮮でいいですね。ただ、法文書作成の課題をこなすにあたって、参考文献を読みたくなったので図書館が恋しかったのは秘密です。

勉強の合間に掃除もしました。部屋が汚れていたのでキレイキレイにしないと。布団も干して、トイレ掃除、洗面所の掃除、etc・・・ んん~、きもちイイ♪

そうそう、最近感じるのですが、どうも視力がかなり低下してきたようです。特に遠くのものは本当に見えなくなりました。どうもぼやぁ~としてしまって。勉強のしすぎというのもあるのかもしれませんが、半分は老化かな(笑)。真面目にメガネくらい準備してもいいかもしれません。数年前まで視力は2.0あったんですけどね。悲しい・・・

【個人的進捗】
・刑訴 基本講座MD 8/9回
・刑訴 百選 87/140
・著作権法 演習 1問

民事テストの関係で、ちょっと個人的進捗は遅れ気味。ここから猛ダッシュです!

写真はアサヒ ザ・マスターです。スーパードライを進化させたような味で、飲みやすく万人受けしそうな味わいです。
090527_0034~0001
スポンサーサイト

そうだ!進化させよう

今日も憲法の過去問を解きました。これで2回目です。前回の問題に比べてスタンダードな問題だったので、ホームランとまでは行かなくとも、ツーベース若しくはスリーベースくらいか?と思ったのですが、回答を見て凡打だなと確信しました(涙)

今回は表現の自由・知る権利がメインの内容だったのですが、どのような人権がどのように侵害されているのかをもっと的確に捉えないといけませんね。分かってはいるのですが、どうも上手く展開できませんでした。特に設問1は酷い(涙)。設問2からはある程度立て直した感がありましたが・・・

おそらく、「どのような人権」「どのように侵害」なんてザックリとしたイメージしか持てていないからだと思います。これじゃあ、うまく事案を把握・分析した事にはならないですよね。もっと細かい要件・項目を準備しておいて、その事案に応じて問題になりそうな場合に分析していくという方法がいいのかな?と思っています。感覚で書いてしまうと、ただの作文ですからね。

例えば、「どのような人権」に関しては享有主体、法的性格(自由権・社会権、具体的権利・抽象的権利)等の項目がありますが、そもそもどういう意味でその人権と言えるのか? パッと見て、表現の自由だと分かっていることもきちんと事実から拾い上げて説明していくことが大切なんだと思います。そこがしっかりと展開出来ていれば、あとの項目の分析も抽象論にならず、積極的に説明できるのだと思いました。

あとは、「どのように侵害されているのか」は、めちゃくちゃ大事ですね。私の考えではここで何を抽出するかで後の基準が決まってくるので、規範で使う部分は絶対に拾い上げておかなければなりません。ちょっと今までラフだったのか?それとも時間が空いたので感覚が鈍ったのか・・・ ちょっと整理しておこうかと思います。個人的には、直接・間接侵害、法令・事実行為、事前・事後、内容・方法、公権力・私人間、は外せないような気がします。ここの捉え方が曖昧だとグダグダになりますかね。

こう考えていくと、殆どの問題はある程度のパターンで解けそうなので、もう少しどこで何を検討すべきなのか自分なりに分析の雛形を作っておこうかと思います。一般的には人権パターンなんて言われていますが、それを自分なり加工しようかなと。人権パターンって、採点者・学者には嫌われるようなこと聞きますが、そんなに酷くはないんじゃないかなと。個人的には、裁量や事実行為の問題であるのにお決まりの法令審査の基準をもって審査をするからだと思っています。まあ、この辺はもう少し考えて行こうと思います。

しっかし、初見条文は辛いです。もっと時間が欲しい・・・もしくは超ぱわふるな読解力とスピード・・・どっちか下さい( ̄ω ̄;

さてさて、6月も終わりが近づいてきましたね。早いもので来月はもう期末テスト(涙)。でもその前に民訴実務の小テスト。前回はマリアナ海溝よりも深く沈んだので、今度は頑張って凸れるよう頑張ります。

そうそう、趣味のサウナに入っていたときにTVで東関親方(元高見山)の部屋の信条と言われる十ヶ条を放送してたのですが、

一 おはようという   親愛の心
二 はいという     素直な心
三 すみませんという  反省の心
四 どうぞという    謙譲の心
五 私がしますという  奉仕の心
六 ありがとうという  感謝の心
七 おかげさまでという 謙虚な心
八 お疲れさんという  労わりの心
九 なにくそという   忍耐の心
十 嘘をつくなという  正直な心

というものでした。日本人以上に日本人なんだなと思ってしまうくらい素敵な言葉です。勉強も大事ですが、私も一人の人間としてこういう気持ちを忘れないようにしたいと思います。

【個人的進捗】
・Wセミナ 民法肢別 約300問
・刑訴 基本講座MD 6/9回
・刑訴 百選 72/140
・著作権法 演習 1問

写真はキリンのフリーです。ノンアルコールなのですが、パッケージをぱっと見るとビールと間違えそうなので、学校で飲んだら周りの人がビックリするだろうなと思わせる1本です( ̄ω ̄)ノ(フ)
090602_1838~0001

久々の憲法でした

さてさて、刑訴の自主ゼミが終わり次から憲法に入りますが、刑訴もやりっ放しではいけないと思い、判例百選を読み直しています。刑訴を勉強してみて感じたことは、つくづく事案の把握・分析型だなということです。憲法も当てはめが重要と言いますが、刑訴も同じくらい大切なんだと思いました。もちろん、原理・原則からの論証も大事だと思うのですが、そこは最低限条文の指摘が出来ていれば、それほど細かく見られないのかな?なんて、思ったりしています。もちろん、キーワードや重要なタームは使えた方がいいに決まっていますので、そこは記憶に頼るしかありませんが。

そう思うと、百選は本当に使えるツールですね。刑訴は百選無しで高得点を獲得するのは厳しいように思いました。解説も分かりやすいものが多いので、こちらも活用していこうと思います。最近はある程度、良い解説とそうでない解説が選別できるようになりました。前は、全然理解できなかったので、殆ど読んでいませんでしたが(笑)。余力があれば、ケースブックも読んでみようと思います。

同じ理由から憲法の判例百選も今週から読み始めました。刑訴よりも数が多いので、ちょっと大変ですが、これ抜きで憲法は語れないですからね。択一対策も兼ねて今のうちからガッツリ回していこうと思います。

そうそう、憲法と言えば自主ゼミ用に期末試験の過去問を解いてみたのですが・・・激ムズ過ぎてワラタ(笑)。悶絶も悶絶です(涙)。解説を読んで反省しているところですが、1つ知らなかったことがあったのでちょっとだけ紹介します。憲法上の権利で請求権的側面(社会権)が認められる権利は幾つかあると思うのですが、殆どが抽象的権利であり直積規範性が認められないのならば、具体的立法がなければその権利を行使することが出来ません。何故なら、裁判所がそれを認めることは立法行為に等しく、三権分立に反するからです。

で、ここまでは基本的に殆どの人が知っていると思うのですが、どうもそこから先の話があるようで、仮に具体的立法があった場合(例えば、なんらかの給付金制度)に、財政難を理由に国がその給付を止める場合に「制度後退禁止原則」という考えを根拠に給付の中止を争うことが出来る、という考え方があるようです。

恥ずかしながら初めて知りました。いやぁ~、なるほどといった感じです。請求権的側面を持つ権利に関しては、法令違憲を唱えたところで、違憲だったとしても根拠法令そのものがなくなるだけで、10あった給付が0になるという不合理な結末を迎えてしまうので、あまり違憲審査に積極的になれなかたんですよね。しかし、「制度後退禁止原則」を持ってくれば、救済に繋がるので答案上もかなり積極的に論じることが出来ます。給付関係の事件では「児童扶養手当資格喪失処分取消請求事件」(平成14年01月31日)がウルトラC級の判断を下して、給付を認める1つの方法を示してくれましたが、条文の作り方にも依存するため、他の事件でどれだけこの考え方を展開できるのか、やや疑問でした。でも、「制度後退禁止原則」であれば、かなりの事例に応用できそうです。ただ、いずれにしても予算が無限にあるわけではないので、国の判断が尊重されることには変わりはないです。なので、結論が変わるかどうかは分かりません。あてはめ次第といったところでしょうか。むー

そうそう、話がまた変わりますが、最近は自宅でも勉強をするようにしました。自習室オンリーだったのですが、ちょっと暑い&気分転換&自宅でご飯が食べたい(笑)という理由から、夜もあまり遅くまでローに居るのではなく、自宅に帰るようにしました。自宅でも勉強をするので、実際の勉強時間そのものは減ってはいません。むしろ、増えてるくらいだとおもいます。とりあえず、しばらくはこのリズムで行こうと思います。

【個人的進捗】
・Wセミナ 民法肢別 約450問
・刑訴 基本講座MD 4/9回
・刑訴 百選 23/140
・憲法 百選 10/240

写真はコロナビールです。ライムを搾って飲むので、爽快感もある夏にはもってこいの1本です。
090604_0036~0001

テーマ : ロースクール(法科大学院)
ジャンル : 学校・教育

二ヶ月が経過しました

さてさて、いよいよ6月に突入です。あっという間に時間が過ぎていきました。いやぁ~まずい( ̄ω ̄; 特別勉強をサボっているわけではないですが(むしろ、相当やっていると思います)、もう少し形に残していく方法を考え始めました。

というのも、ローの授業がどうも予習中心になっているので、やりっぱなし感が否めませんでした。なので、復習のついでにサブノートを作ることにしました。辰巳から出ている「趣旨・規範ハンドブック」を公法・民事・刑事合わせて3冊購入しました。今後はこれに論文関係の知識を集約していくつもりです。もう試験まで2年を切りましたからね。できるだけ早めに準備をしていきたいと思います。

さてさて、選択科目の知的財産法(著作権法)の方ですが、段々と理解が深まってきました。これまではケースブックを中心に判例を読むだけだったのですが、演習を行う必要性を感じたので行政法はちょっとだけ横に置いて、知財を中心に勉強をしてみました。演習で使っているのは弘文堂の「知的財産法演習ノート 」ですが、かなり良い本ですね。解説も分かりやすいですし、問題も基本的な知識を確認するために必要なものばかりです。まだ、全部の範囲を習っていないので、すべての問題を解くことが出来ないのですが、可能な範囲でチャレンジしていきます。

自主ゼミの方ですが、刑訴が今週で一応終わりです。全6回でしたが、かなり為になりました。刑訴は殆ど勉強したことがなかったのですが、この二ヶ月でかなりレベルアップできました。細かい詰めやブラッシュアップは必要ですが、基盤は出来たのかな?という実感はあります。次からは、憲法・民法ゼミですがこちらは基礎があるので、本番を意識した答案作成を心がけたいと思います。といっても、かなぁ~り久々なので、最初はボロボロかもしれませんがね(笑)

【個人的進捗】
・辰巳 刑訴肢別 約550問
・Wセミナ 民法肢別 約300問
・著作権法 演習 3問
・刑訴 基本講座MD 2/9回

写真は越後ビールの「90DAYS STOUT」です。これぞスタウト!っていうくらい濃厚な味わいです。値段も結構するので、気軽に飲めるビールではないのですが、大人の味がします。量を沢山飲むと言うよりも、じっくりと味わいながら楽しむ1本です。
090513_2020~0001
プロフィール

ひろ@右脳人間

  • Author:ひろ@右脳人間
  • 名前:ひろ@右脳人間
    年齢:36
    性別:男

    高専を卒業後にSIerに就職してITエンジニアとして働く右脳型人間が、何を思ったか司法試験にチャレンジ。

    中央大学法学通信教育課程を卒業後、中央大学のロースクール(既修)に入学し,生まれ故郷の高知県高知市で法律事務所を開設しました。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。