スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

可能性

司法書士の試験に向けて、民法の過去問題を約17年分
(350問)解いてみました。まだ全部ではありませんが、

・総則→86%
・物権→86%
・担保物権→92%
・債権総論→未だ
・債権各論→未だ
・親族→未だ
・相続→未だ

※全体の約60%を消化
 債権を除いても民法分野が半分以上なのが司法試験との
 違いですね。

平均すると88%の正答率です。
ちょっと自分でも驚いています。

ハードな仕事の中、なかなか時間も取れないことが多かった
のも事実ですが、毎朝5時起床&通勤時の勉強を継続した
ことが力になったのだと思います。

回答の質に関しても、暗記ではなく理解から答えを導ける
ようになりました。立法趣旨や判例に関する興味が沸いて
きて、司法試験の勉強も平行して行なったことも力になって
いると思います。

今後は本格的に他の科目に勉強をシフトします。
やはり長期的にみると会社法がキモでしょうね。

まだまだ先の話ではありますが、希望が大きくなってきました。
やはり継続して努力をすることに勝るものはないのではないでしょうか?

右脳人間でもやれば出来るものですね(^^;
今の気持ちを忘れないように精進していきたいものです。
スポンサーサイト

テーマ : 資格取得
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

試験頑張ってください。

速読のことをまとめたサイトを運営しています。よかったらぜひ。
プロフィール

ひろ@右脳人間

  • Author:ひろ@右脳人間
  • 名前:ひろ@右脳人間
    年齢:36
    性別:男

    高専を卒業後にSIerに就職してITエンジニアとして働く右脳型人間が、何を思ったか司法試験にチャレンジ。

    中央大学法学通信教育課程を卒業後、中央大学のロースクール(既修)に入学し,生まれ故郷の高知県高知市で法律事務所を開設しました。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。