スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不登法【書式】過去問

書式の講座が丁度、所有権の保存・移転(相続)を終えたので過去問題を解いてみました。といっても抵当権とセットになる部分が多いので、所有権に関する部分のみです。

で、感想は・・・

激難(汗)


問題も長文ですし、状況からどの登記が必要なのかを読み取る訓練が足りないと実感しました。あとケアレスミスが多いですね。これは最後の最後まで悩まされそうな問題です(^^;

講座で習ったレベルの知識は確実に習得していないと厳しそうです・・・

しかし、解けば解くほど民法の知識が重要だと認識できます。実体法で十分な知識が身についてないと手も足もでないでしょうね。

とにかくこれは慣れも必要ですね。結構時間がかかりそうだと感じました。だんだんと課題に溺れてきそうな予感がしてきました。

う~ん、商業登記もこれからなのに攻略出来るのだろうか・・・
会社法と商業登記のボリューム次第で、計画変更が必要かもしれません。

真綿でぎゅっと締め付けられるように、この試験の難易度が侵食してきた感じがします。恐るべし司法書士(涙)
スポンサーサイト

テーマ : 資格
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひろ@右脳人間

  • Author:ひろ@右脳人間
  • 名前:ひろ@右脳人間
    年齢:36
    性別:男

    高専を卒業後にSIerに就職してITエンジニアとして働く右脳型人間が、何を思ったか司法試験にチャレンジ。

    中央大学法学通信教育課程を卒業後、中央大学のロースクール(既修)に入学し,生まれ故郷の高知県高知市で法律事務所を開設しました。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。