スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

隙間×2

今日は、京大ローの民法でした。書かせたい内容は、ごくごく基本的な内容だったのですが、これがまた罠にひっかかってしまい、思うような結果は出てない答案になっている気がします。んん~、頂けませんね( ̄ω ̄;

どうしてそうなっているか?と色々解説を聞きながら考えて見たところ、大きく3点に問題があるように感じました。

1つ目は、事例の”複雑さ”です。
新司が長文になっているは有名ですが、ローの入試も同じ傾向にあります。勿論、1時間で回答する都合上、新司程ではありませんが、かなり長文になっています。

当然、つまみ出す要件は形を変えて埋め込まれている為(ダミーもあります)、なかなか思うように論じれません。風が吹いたら桶屋が儲かる・・・と言うとオーバーかもしれませんが、それに近い内容です。どうやって要件に当て嵌めるのかを、短時間でこなす必要があります。つまみ出してしまえば、法律論としては簡単な問題ばかりなのですけどね。

2つ目は、旧司VS新司です。
全部とは言いませんが、旧司スタイルだと回答が難しい問題になっています。ほんの少しの日本語の差なのですが、”法律関係を論じろ”と”Aは如何なる主張が可能か”では、書く内容が違う為、脳を動かすアプローチが変わってきます。極端な違いとは思いませんが、その差を吸収出来るのか出来ないのかは、大きなアドバンテージになると思っています。

3つめは、実務家VS学者です。
着目する条文のアプローチが違います。見解の相違や、解釈論を展開して喜ぶのは学者で、相手方に請求出来ることを見つけて喜ぶのが実務家です。まったく解釈が不要な条文は学者は着目しない為、いわゆる基本書を読むことや旧司スタイルの勉強だとなかなか探せません。そうなった場合、どうやったらその条文にアクセスできるのかを、日々訓練しなければなりません。知識で詰め込むのには限界があります。勿論、1000条を暗記できる方は心配後無用ですが(^^;

そう思うと、現状の力量と理想には大きな隙間があるなと思う今日この頃です。
やはり、条文と判例に忠実なスタイルが一番の理想なのかもしれません。

んぁ~、民法難しいよ(涙)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひろ@右脳人間

  • Author:ひろ@右脳人間
  • 名前:ひろ@右脳人間
    年齢:36
    性別:男

    高専を卒業後にSIerに就職してITエンジニアとして働く右脳型人間が、何を思ったか司法試験にチャレンジ。

    中央大学法学通信教育課程を卒業後、中央大学のロースクール(既修)に入学し,生まれ故郷の高知県高知市で法律事務所を開設しました。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。