スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新司解いてみました その2

【各論 ~民事系~】

●民法
応用問題ではなく、かなり基本的な問題が出題されているなという印象がありました。純粋な法解釈としてのレベルで言えば、恐らく旧司の方が難しかったのではないでしょうか。ただ、事案の複雑さは比較にならないくらい新司の方が上ですね。しかも、これが結構やっかいで、問題となる部分を上手く抽出できていないことがありました。取り出してみれば、それほど難しい内容ではないのですが、実際に検討してみるとかなり戸惑うことが多かったです。旧司も事例問題が沢山出題されているので、事例問題に不慣れというわけではないのですが、事案が複雑・長文・リアルになるにつれて、どの要件に当たるのか、どの条文の問題になるのかがどんどん見えにくくなってしまいました。そう考えると、旧司は事例問題と言いつつも、事実上は1行問題に近く、知識で回答が出来る側面が強かったのだなと思います。

と、言いつつも、旧司的な勉強がまったく通用しない訳ではない?という印象もあります。基礎となる法律関係を考える勉強は必須ですし、その素材ではやはり旧司が一番良いのではないかな?と思っています。どちらかというと、新司で試験が変わったというよりかは、自分に足りない部分が見付かったという表現が適切なのかもしれません。例えば、出題が言い分方式になっているので、純粋な法律関係以外の能力も鍛えていかなければなりません。この辺は、要件事実を意識しながら勉強したいと思います。

あと、事案が複雑なのでどうやって整理していくのか非常に迷っています。図解して考えていたのですが、あれだけ長文になると図がぐちゃぐちゃになって、後から見て理解できないような図になることがあります。だからといって、文章を読んだだけで上手く整理できるかというと、難しいです。時間も足りないな・・・という印象もあるので、この辺は長文問題に慣れるのがまずは必要なのかもしれません。

●商法
いやぁ~、難しかったです(笑)。商法(会社法)で長文事例問題に慣れていないということもありましたが、結構戸惑うことが多かったな・・・という印象があります。単発的な論点はある程度いけると思うのですが、複雑な事実に基づいて考えていくという、民法的なスタイルで勉強出来ていなかったんだなと思いました。今までは、1行問題に近い勉強方法をとっていたので、それが原因だと思います。知識としては持っていても、上手く使えていないといった感じでしょうか。去年出題された保証関係は、本当に基本的な問題なのでしょうが、正直ボロボロでした。まだまだ視野が狭いということに加えて、基礎知識を上手く使えていないのだと思います。

あとは条文への執着でしょうか。割と探せるようになったと思っていたのですが、昨年の株式交換における債権者保護に関しては、何を思ったのか手続は不要だと思っていました(笑)。交換は支配関係が入れ替わるだけだから・・・と頭の中にある知識で考えてしまい、条文を探そうという意識が低かったのだと思います。親会社は子会社に株式の対価を支払うのですから、手続が不要なわけはありません。条文への執着心がもっとあれば、現場でも見つけることが出来たのかな?という反省と共に、基礎知識が穴があることを実感しました。特に、利益相反に関しては非常に良い勉強になりました。過去3年で2回も出題されているということは、それだけ良いテーマということと同時に、難しい問題なのかもしれませんね。

●民事訴訟法
んん~、年度によって傾向が違うのでなんとも言えませんが、それほどビックリすることは無かったように思います。ただ、大大問題として実体法とリンクしたときは、きちんと事実関係を整理したうえで、具体的な回答をしていくという点が、今までとは違うように思えました。まさに新司といった感じですかね。

去年はちょっと学説・解釈論よりかな?という印象がありますが、民訴プロパの問題として扱うとすれば、ああいった形式になってしまうのですかね。なんとなく、出題に関してはまだ試行錯誤中なのかな?なんて思いました。やがては刑訴のように完全に切り出してしまうのでしょうか。

民訴に関しては勉強に割いた時間も少ないので、重点的に強化していく必要があります。ここは私個人としての課題ですね。

総括的なコメントになってしまいますが、公法系・民事系・刑事系の中で一番勉強しなければならないのは、やはり民事系ですね。出題もいろんな形が考えられますし、事案も複雑にし易いので、いわるゆ論点落ちが最も多く、そして難しいのではないかな?と思いました。

今度は刑事系について反省したいと思います。

写真は新しくなった一番絞りと演習刑事訴訟法です。麦芽100%になって、プレミアム系への格上げということでしょうか。前の一番絞りよりも味わい深く、1本でも満足感が高い1品です。
090321_2151~0001
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひろ@右脳人間

  • Author:ひろ@右脳人間
  • 名前:ひろ@右脳人間
    年齢:36
    性別:男

    高専を卒業後にSIerに就職してITエンジニアとして働く右脳型人間が、何を思ったか司法試験にチャレンジ。

    中央大学法学通信教育課程を卒業後、中央大学のロースクール(既修)に入学し,生まれ故郷の高知県高知市で法律事務所を開設しました。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。