スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新司解いてみました その3

【各論 ~刑事系~】

●刑法
近年の旧司に近いタイプですね。長文事例問題なのですが、基本的なスタイルは変わっていないように思えました。ただ、事案がリアル過ぎるので、どの行為を捉えて書いていいものか迷ってしまう部分があります。特に顕著だったのは初年度です。一連の行為として切り出すのか、個々の行為を切り出すのか・・・ この辺は、人によって分かれるかもしれませんが、罪名が変わらない部分は1つとして評価した方が良いのでしょうか?モヤモヤ感があるので、なんとも言えませんが・・・

しかし、事案の分析は結構面白いですね。特に、規範的要素に当たるような実質的判断は事実を1つ1つ評価していく部分であり、腕の見せ所といった印象があります。結構面白いな、と純粋に思いました。

出題にリクエストが掲載される場合もありますが、基本的には今までの勉強方法でも問題ないように思えました。ただ、判例に関しては要注意ですね。学説で押し切るのは出題側の意図を考えた場合、分が悪いように思えました。

●刑事訴訟法
昨年は資料が掲載されて、そこから再伝聞を検討するという面白い出題でしたが、基本的には旧司と変わらないように思います。全科目を通じて最も旧司に近いのは、刑訴だと思います。刑訴も憲法と同じく人権に配慮すべき科目なのですが、あまり変わらない印象があるのは、対象となるテーマが変わらないからでしょうか?刑訴もあまり時間を割いた科目ではないので、なんとも言えませんが、思ったほどビックリしなかった科目です。

●まとめ
個人的な感想ですが、新司になって旧司との変わったなと思った科目は
1位:公法系
2位:民事系
3位:刑事系
の順番ですね。

で、頑張らないといけないなと思う科目は、
1位:民事系
2位:公法系
3位:刑事系
です。2位と3位の差は、単に私が勉強した時間の差ですので、そこは誤解の無いようお願いします。

択一もポツポツやりはじめているのですが、出題は旧司に比べて大分シンプルになりましたね。肢別をやっていたので、何となく予想はしていたのですが、とても素直な問題だと思います。旧司は知識以上になんか頭の良さを求められているようで、ちょっと抵抗感がありました。なんでしょう?適性試験を受けているといった感じでしょうか。簡単には解かせないぞオーラが漂ってました。

大分、忘れてしまった部分もあるので、択一もそろそろ始動しようと思います。比重が下がったといえ、最終的な合否に直結する部分なので油断は出来ません。

さてさて、明日はいよいよ中大の卒業式です。ロー入試前に今の自分を振り返って、今後の2年間の過ごし方と自分の目的を再認識する意味も込めて、何か書いてみたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : ロースクール(法科大学院)
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひろ@右脳人間

  • Author:ひろ@右脳人間
  • 名前:ひろ@右脳人間
    年齢:36
    性別:男

    高専を卒業後にSIerに就職してITエンジニアとして働く右脳型人間が、何を思ったか司法試験にチャレンジ。

    中央大学法学通信教育課程を卒業後、中央大学のロースクール(既修)に入学し,生まれ故郷の高知県高知市で法律事務所を開設しました。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。