スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業をして入学を控えた今

ブログの名前を変更しました。これからはロースクール・新司法試験関係を中心に更新していこうと思います。できるだけ毎週更新していこうと思っていますが、多忙な場合はお休みします。それでも、月に1回は更新するつもりでいます。

で、昨日は卒業式に参加してきました。いやぁ~、長かった2年間が終わります。勢いで飛び込んだ中央通教でしたが、今は本当に入学してよかったと思っています。本当に色んなことが勉強できました。学問もそうですが、色んな人と出会えることが出来たことが大きかったです。やはり、人との出会いは大切ですね。

夜は飲み会でしたが、あっという間に終わりました。次の日は仕事だったのですが、近くのホテルに宿泊する予定だったのでゆっくり飲んだつもりでしたが、あっという間に時間が過ぎてきました。もう1軒くらい行きたかったです(笑)。名残惜しいところもありますが、これからは気持ちも切り替えて頑張らねばなりませんので、楽しみはまたということですかね。

さてさて、話は変わってロースクールでの2年間の生活をどう過ごしていくのか、最近考えています。もちろん、試験に合格するための勉強をすることに違いはないのですが、今はそれ以外の部分に関して考えています。

と言うのも、そもそも自分は何故弁護士を目指そうと思ったのか?を振り返っていました。私が士業を目指そうと思ったのは、大きな企業に勤めるタイプの人間ではないなと感じたことがきっかけです。まー、組織に所属すると色々とありますからね。といっても、嫌で会社を辞めたわけではなく、それ以上に専門的な知識・活かして何かの問題に対処するという仕事にやりがいを感じていたので、法律というジャンルには魅力がありました。もちろん、最初から法律に絞ったわけではなく、それ以外にも色々と考えました。フリーランス、自動車業界、経営コンサルタント、資格試験のインストラクター、フランチャイズによるオーナー、etc・・・挙げればきりがありません。その中から、法律を選んだのは何故なんでしょうか?今思えば、直感に近いものがあるのかもしれませんが、何となく波長があったんだと思います。

最初は司法書士の資格を取得して、独立しようと思っていたのですが、通っていた予備校の講師の影響で司法試験に転向することを決めました。ただ、その時点で当然に旧司法試験への挑戦も頭をよぎりました。でもそこはあまり拘らずにロースクールを選択しました。というのも、実は資格試験に関してはわりと精力的にチャレンジしており、国家試験も某資格に関しては5つ取得しています。もちろん、司法試験に比べれば難易度は易しいですが、経験上、資格を取得したからといって何かが劇的に変わることはないだろうと思っていました。もちろん、資格が無ければその業務が出来ないという点では変わりますが、結局は問題に対する対応能力がなければタダの名札にしか過ぎないからです。やはり、理論は理論、実務は実務だろうと。これは、仕事上の経験から来ています。理論がしっかりしていて抽象的な考え方が分かっていたとしても、現場ではほんのちょっとの製品知識や、対応能力があった方が遥かにありがたいからです。むしろ、対処できなければ、資格を持っていても「その程度か?」という目で見られるため、マイナス要素が大きいです。大変恥ずかしいことですが、私はそういった指摘を何度か受けた経験があります。

で、あれば直ぐに資格を取得できる方法に拘らなくても、ジックリと勉強して力を付け方が良いことや、色んな人との出会いがあるロースクールの方に魅力を感じました。もちろん、旧司が先細りしてて、合格しにくいという点が気になったということもありますが、それ以上にロースクールの方が率直に好きになれた点が大きいです。ロースクールに関しては、色々な批判もあるとは思いますが、まだ歩き出したばかりの制度であることや、そもそも全くの関係無い人が批判をしている点はちょっと疑問です。問題は直さなければなりませんが、本気で勉強をしようという人や、運営に真面目に取り組んでいる人に対して失礼というよりも無神経過ぎます。

さてさて、私の恋心の話は置いておいて(笑)、目的が資格取得が主ではないのなら、一体何を求めているのかと言うと、やはり人との繋がりが一番大きいと思います。そして、自分の将来の方向性を見定めていこうと思っています。ええ~、弁護士っていう目標がありながら、今更方向性って何さ?って思う方もいるかもしれませんが、今は法曹界の過渡期にあるので、既存業務がこれから存続していけるかどうかは誰にも分からないのだと思います。最近は、弁護士とマーケティングや転職を関連させた本が色々と出版されていますが、本当にそういったことが現実に起りつつあるのだと思います。多分、数年後には法曹資格を有しながら訴訟とは違う仕事で力を発揮する人が出てくると思います。士業でもそういうタイプの人はいると思うのですが、法曹資格に関しては、まだまだ圧倒的少数だと思っています。つまり、新しい形での仕事のスタイル、既存業務に対比する形で言えばblue oceanと言ったとこでしょうか。それを見据えていくには、どうしても「自分のやりたいことは何なのか」という問に自分自身が正確に答えられなければなりません。しっかりとした信念(軸)を持つことが一番大事なのだと思います。その軸として「法律」「情報技術」はゆるぎないのですが、あとはどう肉付けをすべきかですね。この辺はまだまだ試行錯誤中なので、沢山の出会いの中から色々と吸収したいと思います。

これは、会社を辞める前はすごく考えていたのですが、最近は勉強に忙しくてちょっと疎かになっていました。法曹資格自体にインパクトがあるので、知らず知らずのうちにどこかで資格を取ることが目的なって、安心して緊張感が途切れてしまったのだと思います。もっと、考えるべきですね。まずは合格が先だろうという意見もありそうですが、ストイックなまでに自分を追い詰めるのが大好きですから、こういったこと考えた方が実は調子が良かったりします。SとMが共存できる性格なんだろうな( ̄m ̄)。アンテナもまた高くしないと。時間は有限ですので、勉強に支障がでない範囲で情報収集も別途していきたいと思います。

・・・語り始めると終わりがないので、とりあえずこの辺にします(笑)。

そうそう、MR.BIGが復活するそうですね! もう15年も前の話になりますが(古!)、私がギターを始めたきっかけは、X-JAPANの影響なのですが、それと同じくらい影響を受けたのはMR.BIGのポール・ギルバートのプレイです!今でも興奮するくらいですからね。ライブでも実際にドリル(マキタじゃなく、私はリョービでしたが)を使って、「Daddy, Brother, Lover, Little Boy」を演奏していたくらいの大ファンです。今は絶対に弾けませんがね(笑)。もう指が動きません(涙)

写真は、既に部屋のオブジェと化した愛器モッキンバード・PG風です。やっぱり音楽は最高ですよね! 次回は、リクエストがあったので、私が使っている基本書の紹介をしたいと思います。
090327_0030~0001
スポンサーサイト

テーマ : ロースクール(法科大学院)
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

No title

サイト運営し始めた者なんですが、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
http://hikaku-lin.com/link/register.html
こちらより、相互リンクしていただけると嬉しいです。
まだまだ、未熟なサイトですが、少しずつコンテンツを充実させていきたいと思ってます。
突然、失礼しました。
IB0XzBvp
プロフィール

ひろ@右脳人間

  • Author:ひろ@右脳人間
  • 名前:ひろ@右脳人間
    年齢:36
    性別:男

    高専を卒業後にSIerに就職してITエンジニアとして働く右脳型人間が、何を思ったか司法試験にチャレンジ。

    中央大学法学通信教育課程を卒業後、中央大学のロースクール(既修)に入学し,生まれ故郷の高知県高知市で法律事務所を開設しました。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。