スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勉強の足跡(3月)

さてさて、3月も終わりに近づきましたね。近所の桜も花が咲き始め、町並みも春の趣を感じられるようになりました。来週末辺りが見ごろでしょうか?

3月の勉強の進捗ですが、
【刑事訴訟法】
・新マスター論文シリーズ 第2版 刑事訴訟法 Wセミナー

【行政法】
・事例研究 行政府尾 日本評論社

【過去問演習】
・新司法試験 過去3年分(論文)
・新司法試験 過去3年分(択一)←途中

【その他】
民法でみる知的財産法 日本評論社

といった感じです。択一は全部回せなかったのですが、ロー入試で肢別を解いているので、大体の感触は掴めています。とりあえずは、ノルマ達成といったところでしょうか。4月からはローの授業も始まるので、計画がまだたてられない状況です。一旦保留にします。一応、授業の進行に合わせて、択一・基本書読みが出来たらなと思っています。

さてさて、前回予告していた使用教材の紹介をしたいと思います。といっても、ごくごく一般的な受験生なら読まれているものばかりですので、特に目新しいものはないとは思います。他の方は、どういったものを使用しているのですかね?ちょっと興味あります。

ちなみに、独断と偏見でお勧めの教材には☆をつけます。

【憲法】
・憲法 第4版 芦部信喜/高橋和之
☆憲法判例を読む 芦部信喜
☆立憲主義と日本国憲法 高橋和之
・憲法判例百選 第5版 Ⅰ・Ⅱ
・事例研究 憲法 日本評論社

芦部憲法よりも高橋先生の方が詳しく載っているので、一通り勉強した人はこちらの方がいいように思います。記述も読みやすく、分量も薄いのでとても気に入っています。あとは、言わずと知れた判例を読む。本当に分かりやすいです。もう少し早く出会っていたらなと思う1冊ですね。


【行政法】
☆行政法要論 第6版 原田尚彦
・行政判例百選 第5版 Ⅰ・Ⅱ
☆事例研究 行政法 日本評論社

宇賀先生が主流だと思いますが、私は原田先生の本が気に入っています。とにかく、記述が読みやすく、救済法も含めて1冊でまとまっているのが嬉しいですね。あんまり使っているのを見たことがないのがちょっとだけ残念です(^^; 事例研究は言わずもがなといった感じですが、これは必読でしょう。

【民法】
☆民法Ⅰ~Ⅳ 内田貴
・民法概論5 親族相続 川井健
☆基本講義・債権各論2・不法行為 潮見佳男
・民法判例百選 第5版 Ⅰ・Ⅱ
・民事法 総則・物件 日本評論社
・事例研究 民事法 日本評論社(未着)

内民は賛否両論でしょうが、私は非常に好きな本です。川井先生の方が薄くて回しやすそうなので、新司にはこちらの方が向いているのでしょうかね。試しに親族相続を買ってみたのですが、条文の羅列といった感じでちょっと退屈でした。総則とかで比べないとダメですね(^^; 個人的には潮見先生の方が好きでした。各論1も購入を考えています。

【商法法】
・会社法 第9版 神田秀樹
・株式会社法 第2版 江頭憲治郎
・会社法判例百選 有斐閣
☆法学教室 会社法演習(10月~3月)
・基礎コース 商法 I 総則・商行為法/手形・小切手法 第2版 丸山秀平 新世社(未着)
・リーガルマインド商法総則・商行為 第2版 弥永真生
・リーガルマインド手形小切手法 第2版補訂2版 弥永真生

むー、神田先生の本はちょっとあっさりし過ぎているのかな・・・なんて思ったりします。かといって江頭先生の本はちょっと通読するには厚すぎますし。でも、非常に読みやすいですけどね。卒論で部分的にしか読んでいないのですが、記述は分かりやすいと思います。法学教室の演習は会社法の長文問題という意味で貴重ですから、活用するようにしています。

【民事訴訟法】
☆民事訴訟法講義案(改訂補訂版) 司法協会
・民事訴訟法 第3版3訂版 有斐閣 伊藤眞
・民事訴訟法判例百選 第3版 有斐閣
☆問題研究 要件事実 法曹会
・民事訴訟第一審手続の解説 法曹会
☆事例演習民事訴訟法 遠藤賢治 有斐閣
・民事訴訟における事実認定 法曹会(未着)
・紛争類型別要件事実 民事訴訟における攻撃防御の構造 法曹会(未着)
・基礎からわかる民事執行法・民事保全法 和田吉弘 弘文堂

研修所の本と言われると難しいという印象を持っていましたが、非常にすっきりしていて分かりやすいです。正直、伊藤先生の本は硬派すぎて、ちょっとなぁ・・・という感じがありました。要件事実に関しても分かりやすいですね。民訴は実務家・裁判官の著書が圧倒的に読みやすい印象があります。

【刑法】
・刑法総論講義 第3版 前田雅英 
☆刑法総論 西田典之
☆刑法各論 第4版 西田典之
・刑法判例百選Ⅰ・Ⅱ 第5版 有斐閣
☆新判例から見た刑法 第2版 山口厚 有斐閣

行為無価値論派なのですが、西田先生の本が好きです(笑)。読みやすいですね。難解な刑法を分かりやすく導いてくれた1冊です。非常に時間がかかったのですが、今はとても気に入っています。おそらくこの1冊で最後までいくと思います。山口先生の判例解説は面白いです。ちょっと深いところまで行く部分もありますが、勉強になることが多かったです。

【刑事訴訟法】
・刑事訴訟法 第4版補正版 田口守一 弘文堂
・刑事訴訟法判例百選 第8版 有斐閣
☆演習刑事訴訟法 長沼/酒巻/田中/大澤/佐藤 有斐閣

この演習本は必読でしょうね。とにかく、説明が分かりやすく、論点を網羅しているところが嬉しいです。こういった本がどんどん出てくれることを願っています。

【知的財産法】
☆特許法 第2版 高林龍 有斐閣
・著作権法 第3版 斉藤博 有斐閣
・知的財産法判例集 大渕・他 有斐閣(未着)
☆民法でみる知的財産法 日本評論社

高林先生の本は、初学者でも読めるくらい分かりやすいです。著作権法も出してくれないかな(^^; 民法でみる知的財産法もお勧めです。まずは大枠の整理をするための1冊として、最適だと思います。民法の復習にもなりますからね。

●今後欲しいと思う教材
百選はちょっと判旨が短いのと、解説が分かりにくいのでケースブックや、それに相当する判例集が欲しいです。あまり学説ゴリゴリというよりも、簡単にコメントが載っているというレベルの方が嬉しいですね。あと、演習本も欲しいです。具体的には、

・戸松・初宿編『憲法判例』(有斐閣)
・ケースブック行政法
・高橋宏志『重点講義 民事訴訟法(上)(下)』(有斐閣)
・解析 民事訴訟 藤田 広美
・西田・山口・佐伯『判例刑法総論』『各論』(有斐閣)
・論点解析 知的財産法 (単行本)

が、候補にあがっています。
・・・買いすぎかな(--; ちょっと我慢しよう・・・
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

知的財産法判例集

知的財産法判例集

知的財産法判例教室

知的財産法判例教室

コメントの投稿

非公開コメント

漠然とした質問ですが。

ご卒業おめでとうございます♪
さて、漠然とした質問で恐縮ですが、
上記、各科目の使用教材が書かれてありますが、
一冊回すのに時間がかかる科目って、
ひろさんにとって何になりますか?

No title

お祝いの言葉、ありがとうございます。明日から、新しい生活が始まります。

そうですね・・・ 難しい質問ですね・・・

でも、やはり一番時間がかかるのは民法ですね。分量が多いことも理由の1つですが、じっくり考えなければならないこと、読み返してみると毎回新しい発見があることが最大の理由です。本当に奥が深いなと思います。その反面、一番面白いのも民法ですけどね。今までの勉強時間で圧倒的に費やした時間が多い科目です。それでも分からないことが沢山あります(^^; < がんばれ自分
プロフィール

ひろ@右脳人間

  • Author:ひろ@右脳人間
  • 名前:ひろ@右脳人間
    年齢:36
    性別:男

    高専を卒業後にSIerに就職してITエンジニアとして働く右脳型人間が、何を思ったか司法試験にチャレンジ。

    中央大学法学通信教育課程を卒業後、中央大学のロースクール(既修)に入学し,生まれ故郷の高知県高知市で法律事務所を開設しました。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。