スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第4週の進捗

もう来週で8月も終わりですね~

しっかし、夏らしいことを一切してませんまるいスイカ まあ、学生の本業は勉強ですから、試験が終わるまでは体に鞭を打ちながら頑張ります。といいつつも、法職とゼミがひと段落したら完全OFFの日を取ろうかなと。何しようかな太陽2

そうそう、今、著作権法の起案講座を受講しているのですが、その話を少し・・・
初めて(?)知りましたが、選択科目って答案用紙が4枚なんですね。2時間で2問(特許・著作権)なので、1問あたり4枚でも少ないことはないと思うのですが、いつものペースで書き始めると収まりませんでした。演習ノートの問題を使っているのですが、何も気にしないで書くと6枚になりましたエンピツ

ということで、今は短く書く練習をしています。思ったことを書いていくのではなく、何を削れるのかを考える訓練ですね。今までのゼミでは言葉が足りないことが多かったのですが、今度は逆の方向で考えるのですが、これはこれで大変ですね汗

規範を短くする訓練や、要件をあえて挙げない当てはめ(といっても、解釈が入る部分は無理ですが)など、今までやったことがないことをやっています。でも、そうでもしないと紙も時間も足りません。何とか夏のうちにコツを掴みたいと思います。それに、これは他の科目にも応用できそうですよね。書くスピードも早いほうではないので、短縮する訓練は他の科目にも活きてきそうです。

さてさて、新司の過去問検討ですが・・・

○刑訴論文
そこそこ書けたかなと。完璧でないですが、ほぼ抑えるべき点は抑えたかなと。改善点はもちろんありますが、悪くない方だと思います。といっても、皆そこそこ書いてくるので、気は抜けませんけどね。日々訓練です。

○民法論文
やや沈んだ感が否めませんね。なんでしょう? 気が付いているのですが、自分の中で勝手に処理している部分があるんですよね。主張反論形式の場合は、自分で処理している部分も議論させればいいのに、それを組み立てないままにしているんですよね。これはもったいないです。問題になれる必要もありますね。当事者にとって有利な構成を考える癖をつけなければ。どうも、裁判官的な立場で考えるクセがあるようです。

○憲法論文
んん・・・ 難しい。個人的には憲法が一番難しいように思います。与えられる資料が沢山あるので、じっくり考えたいのですが、そんな時間がないので、どうも見切り発車になっているんですよね・・・
まあ、問題が単純に難しいというのもありますけどね。もう少しどういった点に着目すべきか、その感覚を研ぎ澄ます必要がありそうです。そうなると、沢山の事案にあたるしかないですよね。百選と演習をひたすら繰り返すしかないように思います。

来週から民訴に突入です。かなりハードですが、根性で乗り切って見せます。

【自主ゼミ】
・H19年 刑訴論文
・H19年 民法論文
・H19年 憲法論文

【個人的進捗】
・行政法 櫻井・橋本 講座で習った部分を確認
・行政法 事例研究 6/12
・行政法 判例百選 100/250
・会社法 判例百選 100/100
・民訴 肢別Wセミナー 500問

写真は新潟ビールのエスプレッソ・ビールです。その名の通り、エスプレッソに似た香ばしい香りがするスタウトです。満足度は高いですよ。喉越しではなく、味わい深いコクを堪能するビールです。
090810_2322~0001
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

著作権の論文

著作権の論文ですか~個人的には書きたくない科目です。
とはいいつつ、著作権もまじめに勉強しようかと
悩む今日この頃です。
さて、論文は「何を書くか?」ではなく「何を書かないか?」
じゃないかと思っていたりします。
勉強進めばだれでも書くことはできるんですが、
余計な事を書かないのにはセンスがいるなぁ
なんて感じたりしていました。

No title

著作権法は、やってみると面白い科目ですよね。どちらかというと、特許法の方に興味があったので、それに比べるとおまけ的な科目だったのですが。

著作権法の論文は大分書けるようにはなってきました。ただ、短く書くことを意識するあまりに時間がかかっているという始末です(笑)。これなら、書きたいことをズバズバ書いた方が、時間がかからないのかもしれません。

仰るとおり、何を書かないか?が大事なのかもしれませんね。日々修行です。
プロフィール

ひろ@右脳人間

  • Author:ひろ@右脳人間
  • 名前:ひろ@右脳人間
    年齢:36
    性別:男

    高専を卒業後にSIerに就職してITエンジニアとして働く右脳型人間が、何を思ったか司法試験にチャレンジ。

    中央大学法学通信教育課程を卒業後、中央大学のロースクール(既修)に入学し,生まれ故郷の高知県高知市で法律事務所を開設しました。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。