スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セミナー

今日は某予備校のセミナーに参加してきました。


実は某資格取得のため勉強を始めたのですが、独学では限界があると思い、学校に通うことを検討しています。(今は未だ秘密にさせて下さい・・・)


今日は、勉強の計画とポイントというお題で話を聞いてきましたが、これまでいくつか取得した資格の勉強方法と共通する所もあれば、新しく取り入れないと対応が出来ない所もありました。

新しく取り入れるポイント

1.分からなくても次に進む
2.サブノートは作らない
3.ちゃらんぽらんに勉強する



1に関して

計画を立てたら、まだ計画した分量をクリア出来ていなくても次に進むことが大切なのです。試験範囲が広い為、その範囲をカバーするには一部に固執していては合格出来ないのです。

全体をバランス良くクリアしていくことが大事。


2に関して

自分でまとめたり紙に書く時間があれば、教材を購入したりコピーすることで時間を短縮すること。

もちろん丁度良い資料がない場合は自分自身でまとめる必要があるのでしょうが、それは教材でまかなえない時にする作業ということです。

それに、プロがまとめた教材が活用できないハズがないですよね。


3に関して

膨大な情報を頭にインプットしないと合格できないため、分からないからといって、その度に掘り下げていては時間がかかり過ぎるのです。

分からないから調べるのが勉強だと思っていた自分にはかなりビックリしましたが、それほど難関試験である為、このような工夫が必要になるのでしょうが・・・

当然、直に分からないといってあきらめるのは論外ですが。
真面目過ぎる人はかえって効率を悪くするだけで、活用できるもの(学校・教材)をフルに使うということですね。

楽を出来る部分は楽するのがポイントですね。
スポンサーサイト

テーマ : 資格
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひろ@右脳人間

  • Author:ひろ@右脳人間
  • 名前:ひろ@右脳人間
    年齢:36
    性別:男

    高専を卒業後にSIerに就職してITエンジニアとして働く右脳型人間が、何を思ったか司法試験にチャレンジ。

    中央大学法学通信教育課程を卒業後、中央大学のロースクール(既修)に入学し,生まれ故郷の高知県高知市で法律事務所を開設しました。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。